一番左のペダルってなんて言うの?

 

一番左のペダルは、ソフトペダル呼びます。

一番右のペダルとは逆に、響きを小さく柔らかくするペダルです。

 

ソフトペダルの場合、グランドピアノとアップライトピアノでピアノの内部の動きに違いがあります。

 

 

グランドピアノの場合

ピアノは通常3本の弦(低い音の場合は2本)の弦を、ハンマーで叩くことによって音を出しています。

 

それがソフトペダルを使うと2本の弦のみ(低い音の場合は一本の弦のみ)を叩くように、ハンマーが右に動くようになっています。

それによって音量も小さくなり、また音色も変化するようになっているのです。

 

アップライトピアノの場合

アップライトピアノの場合は、ハンマーは右には動きません。

その代わりハンマーが弦に近づき、弦への当たりを弱めています。

 

 

左のペダルは、だいたい右のペダルが思ったタイミングで踏めるようになり音色にこだわれるぐらいのレベルになったときぐらいから使うようになります。

右のペダルと同時に使うこともかなり多いので、手だけではなく左右の足も使って演奏するのでちょっとはじめは難しいかもしれないですがコツをつかめば自由自在に踏みながら演奏することが出来ますよ!

 

よかったら私と一緒にピアノを勉強していきませんか?

レッスン案内はこちらから♪