こんにちは!エスプレッシオーネピアノ教室です。
暖かくなったと思ったらまた冬の様の寒さに逆戻りして皆さん体調崩されていないですか?
関東の方では、3月も終盤だというのに雪が降ったそうですね。
つい先週は花粉に苦しんでいたのに不思議な感覚です。

さて、今回のブログは『ピアノを再開する時にまず私がしたこと』です!
詳しくは前回の記事をご覧いただければと思います(笑)

話を戻しますが、ピアノを再開した時まず最初1・2ヶ月ほどはレッスンには通わず自主練習していました。
ドレミファソと弾くだけでも滑らかに弾けず、絶望したのを覚えています(笑)
昔弾けていたはずという記憶があるからこそ、思い通りに動かない指に苛立ちを感じる事も多々ありました。

そのような状態のため、曲を上手く練習することも出来ず初めの半月ほどはハノンやバーナムの様なひたすら指の筋トレを多めに取り入れました。
それと並行してブルグミュラー25の練習曲の弾きやすいものから、テンポを落として少しずつ練習をしていきました。

自主練習だけだった時期は、過去にピアノを習っていた時に弾いた事がある曲を引っ張り出してきて弾いていました。
過去の楽譜だと、先生に注意された事などが書き込まれているし、1度レッスンで見てもらっている曲だと全く触れたことがない曲よりも頭の中で完成形がイメージしやすいと考えたからです。

段々と簡単な曲から難しい曲へとレベルアップしていき1・2ヶ月経つ頃にはベートーヴェンの悲愴程度の曲まで弾けるようになりました。

そして、この後レッスンを受けに行くようになるのです………

長くなってしまったので続きは次回のブログで書こうかと思います。

ここまで読んでいただいてありがとうございました♬*゜

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
良かったら応援してくださいね。